(B/S)貸借対照表とは

”貸借対照表”

B/S(ビーエス)とも呼ばれます。どのような書類かは知らずとも、名前を聞いたことがある方は多いでしょう。

貸借対照表は、会社が稼いだ利益を計算する書類である”損益計算書”と並ぶ、決算書の二大巨頭です。今回は、貸借対照表がどのような書類か、また、貸借対照表の活用方法についてもご紹介します。

損益計算書と貸借対照表とは?

損益計算書(P/L)と貸借対照表(B/S)、会社が作成しなければならない書類(決算書)のうち、特に有名な書類がこの2つです。

この2つはともに重要な書類のため、あわせて確認を行っていきましょう。

損益計算書(P/L)とは?

まず、損益計算書とは、会社が1年間で稼いだ利益を計算した書類です。

損益計算書(PL)

会社の売り上げから、各種経費などを差し引いたり、その他収入や支払い等を考慮し、1年間で獲得した利益を示す書類です。詳細は以前の記事をご覧ください。

貸借対照表(B/S)とは?

貸借対照表は、会社の財政状態を表す書類です。

損益計算書が会社の利益を表す書類であるのに対し、貸借対照表は、会社の財政状態、つまり、会社にいくらお金があるのか、いくら借金があるか等を確認することができる書類です。

貸借対照表(BS)

上記,貸借対照表を確認することによって、会社がどのような手段でお金を集め、そのお金をどのようなモノに運用しているかを確認することができます。

会社が資金調達した金額は、貸借対照表の右側(貸方と呼びます)に記載されます。

融資を受けたり、株式の発行などを行い会社はお金を集めます。なお、その他ツケ払いのものなど、将来的にお金が出ていくものも貸借対照表の右側に記載されますが、基本的に貸借対照表の右側は、会社の資金調達手段が記載される場所と言えます

一方、貸借対照表の左側(借方と呼びます)を見ると、会社が調達したお金がどのようなモノに運用されているか確認することができます。現金のまま持っているのか、それとも備品を購入したのか、商品の在庫を抱えているか等を確認することができます。

最後に

繰り返しとなりますが、簡単にまとめると貸借対照表の見方は以下の通りです。
・貸借対照表の右側(貸方)
どのような方法で資金調達を行ったか、将来的に支払わなければならないお金がいくらあるか等の確認を行うことができる。

・貸借対照表の左側(借方)
調達した資金がどのようなモノに運用されているか。例えば、調達したお金を現金のまま持っているか、備品の購入に充てたか等の確認を行うことができる。

損益計算書と貸借対照表、どちらも会社の財務分析には必須の書類です。例え売上が何千万円・何億円あろうと、お金の使い道が悪かったり、手元のお金が枯渇すれば倒産に至ります。より良い経営判断を行うためには、損益計算書も貸借対照表も適切な頻度で確認を行うことが望ましいでしょう。

なお、ブラッシュメーカー会計事務所では、独自の取り組みとして毎月若しくは3か月に一度、グラフ化などを行った資料を基に、財務分析業務をご提供しており、会社の成長を財務面からサポート致します。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

問い合わせ内容の一例と男性。LINE対応可能。

関連記事です。

起業家必見!顧問税理士の選び方ガイド(前編)

財務分析業務は、税理士の誰もが行っている業務ではありません。なぜなら、税理士のメイン業務は税務相談と申告書の作成だからです。

決算書は、申告書の作成に伴い要求されているため、最低限年に1度のみ作成しているという税理士も多いです。ただし、我々ブラッシュメーカー会計事務所では、会社の成長を真にサポートするため、独自に財務分析,コンサルティング業務に取り組んでいます。

会社の儲けを示す資料(P/L)の見方

損益計算書には、会社が1年間で儲けた利益が表れます。

ただし、会社経営における利益というのは単純なものではありません。いくら稼いだか、どのような方法によって稼いだか等を、損益計算書を通じて確認することができます。

なぜ決算書を作るのか

決算書の作成が求められる理由は大きく分けると3つあり、法人税の申告に用いること、外部の関係者(金融機関や株主など)に報告を行うこと、経営判断に役立てることが挙げられます。経営判断に役立てるための決算書作成は、必須ではありません。しかし、より良い経営判断を行うためには、会社の財務状況の確認を行うため、適切な頻度で作成を行うことが望まれます。

注意事項
※1 本記事は2019年9月現在の法令等に基づき記載しております。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しております。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失について、弊社では一切の責任を負いかねます。

 

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経て、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。 売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供し、また、自社Webにて120以上の記事を執筆している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。