【資金繰り】利益より重要なもの

会社経営を行ううえで、何が最も重要か。

大半の方は「売上」や「利益」、そう答えます。確かに重要です。しかし、それと同レベル、いえ、それ以上に重要なものがあります。それは、見落としがちですが「現金」です。会社は赤字になっても倒産しませんが、現金が底をつけば、例え黒字であっても倒産に至ります。

今回は、「利益」より大事な「現金」についてのお話しです。

赤字でも会社は倒産しない

繰り返しですが、会社を存続させるうえで「利益」は重要ですが、それ以上に「現金」が重要です。

いくら儲かっていても、取引先にお金を支払えない、銀行から借りたお金の返済ができない、従業員に給料を支払えない。お金がないから仕入れをできない。そういった事態に陥り、現金がショートした場合は倒産に至ります。

「儲かっていれば現金があるのでは?」と思うかもしれません。しかし、実際の取引の手順を考えてみましょう。

家賃を支払い商品を仕入れ、従業員に給料を支払い、それから商品を売る。つまり、お金が入るより、お金の支払いが先行することが一般的です。また、B to B(会社間取引)であれば販売から入金までタイムラグがあり、入金まで長期間かかることも少なくありません。そうなると、いくら儲かっていても一時的に現金が足りなくなる可能性がある点に注意が必要です。

このように、黒字であっても資金繰りに困り、倒産する可能性があるため注意が必要です。

赤字が続けば倒産の可能性は高くなる

繰り返しですが、赤字=倒産ではありません。世の中には、単年度でみれば赤字の会社は数え切れないほど存在します。例えば、研究職のように初期に開発コストがかさむ業種であれば、初年度、あるいは数年間赤字が続くでしょう。

しかし、倒産しないのはなぜか。彼らは、最初に開発コストを見込んで資金を用意しているからです。

もちろん、赤字が続けば現金が減っていくため、赤字が何年も続けば倒産に至る可能性は高くなっていきます。倒産しないためには、会社がきちんと回るように現金を用意しておかなければなりません。

銀行からの融資は黒字のときに行う

現金を手元に用意しておくためには、銀行からの借り入れ(融資)を受けることも一つの手です。なお、銀行からの借り入れは赤字のときに行うのではなく、黒字のとき、売上の維持・成長、設備購入のために行うことが原則です。

赤字が続く時は、銀行が「貸したお金を返してくれなさそうな会社」と考え、お金を貸してくれない可能性が高くなります。

従って、銀行からの借り入れは黒字のとき、若しくは創業時に行うことが望ましいです。もちろん、ブラッシュメーカー会計事務所でも融資のサポートが可能です。

定期的に財務分析を行うことをお勧めします

今や、大手企業もいつの間にか倒産する時代です。定期的に、できれば毎月、財務状況の確認を行うことが望ましいでしょう。

法人税の申告書を作成するためには、年に1度の決算書作成で差し支えありません。しかし、仮に1年前の決算書があっても、そこから1年間全く財務状況を確認しない、経営者が財務状況を把握していないとなれば、経営状況や資金繰りは悪くなっていく恐れがあります。

これは、預金通帳や1年前の決算書だけ見ていてもわかるものではありません。従って、ブラッシュメーカー会計事務所では、1か月ごと若しくは3か月ごとに、会社の財務状況などをグラフ化し、お話しするお時間をいただく独自の取り組みを行っています。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

問い合わせ内容の一例と男性。LINE対応可能。

関連記事です。

なぜ決算書を作るのか

「決算書の状況はどうでもいいから、とにかく営業活動」という考えでいた場合、自社の経営環境の悪化に気が付かない恐れがあります。預金通帳だけ見ても儲かっているかはわからず、どんぶり勘定であれば、お金の無駄遣いにもつながります。適切なタイミングで利益率の確認や、実際に儲かっているのか等の確認を行うことをお勧めします。

起業家必見!顧問税理士の選び方ガイド(前編)

税理士には様々なタイプの方がいるため、付き合うべき税理士像を明確にしましょう。なお、税理士によって提供している業務内容は大きく異なり、例えば、上記の財務分析業務はブラッシュメーカー会計事務所独自の取り組みです。それは、会社の成長に貢献したいという強い思いがあるからです。

会社の儲けを示す資料(P/L)の見方

一言で「利益」といっても、自社がどのように儲けたかの確認は大切です。損益計算書(P/L)の見方を把握し、自社の儲けの理由を確認しましょう。

注意事項
※1 本記事は2019年10月現在の法令等に基づき記載しております。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しております。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失について、弊社では一切の責任を負いかねます。

 

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経て、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。 売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供し、また、自社Webにて120以上の記事を執筆している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。