中小企業経営の強みを起業に強い税理士が解説

中小企業は大企業と比べられることが多く、特に学生の就活(就職活動)においてはあまり人気がありません。

しかし、中小企業も大企業もそれぞれ独自の良さを持っています。今回は、中小企業が持つ強みの一部をご紹介します。

  • 意思決定スピードが早い
  • 少数精鋭
  • 柔軟な対応が可能

 

中小企業の強み

意思決定のスピードが早い(スピードが早い)

中小企業の強みの一つとして、意思決定が早いことが挙げられます。大企業は組織として動かなければならないため、一般従業員が意見を出してもあまり通りません。上司の許可を得て、更に役員(社長など)の会議を行わないと動き出せないシステムになっていることが多いからです。

一方で、中小企業においては社長と自社の従業員の距離感が近いため、有用な意見であれば即日取り組んでもらえることも少なくありません。

この意思決定が早いというのはビジネスにおいてとても重要です。大企業が数か月かけて考案した戦略であっても、即日取り組んだ中小企業にスピードで負けてしまう事例もあるでしょう。中小企業においては、大企業のような制約が少ないことから意思決定が早いという環境を持っています。

中小企業は少数精鋭

大企業の従業員は玉石混交です。よく、大企業に勤めている方は優秀と言いますが、もちろん人によります。私も以前は最大手の税理士法人に勤めていましたが、膨大な人数がいたため、上はとても優秀な方がいる一方で、下はなぜこの会社に勤めているのか、と疑問に思うような方も中にはいました。

一方、特に起業したての中小企業においては優秀な方が集まります。もちろん、優秀でない従業員を雇う余裕が無いという面はありますが、言い換えれば少数精鋭です。

中小企業においては弱み(短所)ももちろんありますが、少数精鋭、かつ、意思決定が早いとうビジネスにおける強みを持っています。

 

柔軟な対応が可能

大企業は、従業員の数が多いので規則で縛る必要があります。そのため、規則を守ることが顧客満足度などより優先されがちです。

一方で、中小企業は良くも悪くも規則に縛られません。自分達の意思で会社の規則を変えることができるからです。

なので、中小企業では、大手企業にできないサービスを行うことができます。

 

大企業と違う土俵で戦う

大手に依頼するメリットは漠然とした安心感があることですが、一方で、大手企業は対応が遅かったり、融通が利かなかったりと、担当者のレベルが低いことがあります。中小企業はこの穴をつくことができれば、十分戦うことができます。

もちろん、中小企業であっても大企業であっても、これらのメリット両方を兼ね備えている会社もあります。どちらも満たせると強いでしょう。

 

意思決定を早く行うために決算書を毎月作る

法人税等の確定申告のみを目的とするのであれば、決算書(会社の1年間の利益計算)は年に1度作成すれば問題ありません。しかし、会社を経営するうえでは年に1度の決算書作成では足りません。

1年間を通した結果が黒字だったとしても、実は毎月赤字で、12か月目に大口顧客に対する売上があったので黒字だった、ということもあるかもしれません。会社を経営するうえでは、毎月決算書を作成することで今月いくら利益が出ているのか、前年度比でどのぐらい伸びているのか等を確認しておくことで、軌道修正を行いながら経営判断を行っていくことが大切です。

ブラッシュメーカー会計事務所では、経理部を抱える予算が無い中小企業のために、月次決算書による財務コンサルティング業務を提供しています。

一例ですが、グラフ化した資料等を基に、毎月若しくは四半期(3か月に1回)ごとにご面談の機会をいただいています。お問い合わせはこちらから。

関連記事です。

起業家は20代が最も多い

起業家の中では、20代で起業される方が最も多いです。やはり仕事第一、決断が早いという特徴を持った方が多いです。

起業家必見!顧問税理士の選び方ガイド(前編)

税理士の顧問料も安いにこしたことはありませんが、税理士が1人当たり抱えられる顧問先の件数は限られています。格安タイプの税理士事務所では、サービス範囲が極端に狭かったり、通常の税理士事務所では考えられない程多くの顧問先を抱えていることから、レスポンスが悪い場合が多いので事業を行う場合にはお勧めできません(一般的に、格安事務所はサラリーマン大家さん等に向けたプランとして提供しています)。

会社に経理部を作るメリット

より速い意思決定を行うためには経理部を設けることが大切です。

注意事項
※1 本記事は2019年7月現在の法令等に基づき記載しています。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しています。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失については、弊社では一切の責任を負いかねます。

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

税理士 坂根崇真
税理士 坂根崇真
【プロフィール】
一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事
税理士

【寄稿実績など】
Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE
会計人コースWeb、事業承継・M&AならBatonz(バトンズ) 専門家コラム、名古屋大原学園 大原簿記情報医療専門学校

【メディア出演実績】
01CHANNEL(株式会社ウェイビー運営)
税理士2.0 AKIRAチャンネル(レッドスターコンサルティング株式会社運営)
TAKA World Peace(株式会社グローバルマーケット運営)

【著書】
相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (2021年3月発売予定)

【メディア運営】
税理士による相続メディア:あんしん相続税 などを運営(合計:月間10万PV)

【経歴等】
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人の出身であり、売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験も多数あり、創業から上場まで対応が可能である。
また、士業など専門家1,500人以上の団体「全国第三者承継推進協会」の理事に就任し、後継者不在の会社の第三者承継を推進している。
その他、Twitterでは1万人のフォロワーを有しており、経営者や士業が年間数百名参加する交流会を開催している。

【事務所情報】
ブラッシュメーカー会計事務所:東京・神田にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。