取締役の役割(出資と経営の分離)

「会社は社長のモノでなく、株主のモノである」という言葉を耳にする方は多いでしょう。

これは、株主に求められる役割がお金を出すこと(出資)であるのに対し、社長(取締役)に求められる役割が会社の経営である。つまり、株主(出資者)と社長(取締役)に求められる役割が異なるため、このようなことが言われているのです。

このように、株主と取締役に求められる役割が異なっていることを出資と経営の分離と呼びます。今回は、このうち経営側、社長など取締役に求められる役割について確認を行います。

株式会社の経営は取締役(社長など)が行う

簡単に言えば、株主とは会社の資金を出す人(出資者)のことを言い、取締役というのは、社長など会社の経営を行う人のことを言います。

なお、中小企業においては、通常株主と取締役は同じです。自分1人、若しくは数人で会社を立ち上げた場合、身内のメンバーでお金を出し合って会社を立ち上げるため、資金を出す人も経営を行う人も同じです。つまり、中小企業においては出資と経営は分離していないことが一般的です。

ただし、会社の規模が大きくなり、上場する場合などは増資を行い、新たに株式の発行を行うことでしょう。その場合、数多くいる株主全員に、必ずしも経営の能力があるとは限りません。現代は上場株であれば簡単に購入できる時代のため、単なるサラリーマンの株主も多いでしょう。

従って、不特定多数の株主がいるケースを想定し、株式会社では以下の通り出資者と経営者が別の人物になっても良い仕組みとなっています。

①会社の配当金など利益を受け取る権利,取締役などを決定する権利を持っている人(出資者)
②会社の経営を行う人(取締役)

繰り返すと、配当金など利益を受け取る権利と取締役などの決定権を出資者(株主)に与える一方、会社の経営は取締役に委任(お願い)を行うという仕組みになっています。

言い換えれば、出資者と取締役が分離されていることから、例えば会社の株式を1株も持っていなかったとしても社長になることは可能です。一方で、社長が頑張って業績をあげたとしても、社長の給料の決定権や、会社の利益を基に分配される配当金を受け取る権利は株主が持つという仕組みになっています。

それ故、新たに株式を発行する際は、自分が立ち上げた会社であっても追い出されるリスク等が高まります。増資を行う際は色々と注意が必要です。

取締役の役割は会社の業務執行

取締役の仕事は、会社の業務執行を担当することです。業務執行とは、会社の経営のために必要な行為を行うことを言います。

商品を販売すること、材料を仕入れること、製品を製造すること、銀行からお金を借りること、必要な設備を整えることなど、会社経営において必要なことは全て業務執行であり、これらの業務を行うことが取締役の仕事とされています。

取締役の責任

取締役は、競業取引や利益相反取引に違反した場合、善管注意義務、忠実義務に違反した場合など、任務を怠り、原則として過失があった場合に会社に生じた損害を賠償する責任を負います。この点が、単なる従業員と大きく異なる点でしょう。会社経営にはリスクがつきもののため、健全な経営を心掛けなければなりません。

 

以上、社長など取締役に求められる役割について簡単にご紹介しましたがいかがでしょうか。

ブラッシュメーカー会計事務所では、大手企業の申告や連結納税の申告など、複雑な取り扱いを数多く経験してきた税理士が在籍しています。増資時における税務上の取り扱いなど、対応できる税理士は実はそう多くありません。ブラッシュメーカー会計事務所では、創業前から上場後まで、トータルでサポートを続けることが可能です。

問い合わせ内容の一例と男性。LINE対応可能。

関連記事です。

起業家必見!顧問税理士の選び方ガイド(前編)

経営者は売上を上げていくことももちろん大事ですが、弁護士や税理士に任せきりにならず、法律等についても概要を学んでおくことで、リスクの減少や、将来を見据えたビジネスを展開することができます。

また、融資を受ける場合など、会社の事業計画は、社長の口から語らなければ金融機関はお金を貸してくれません。事業計画書の作成など、全てを税理士に任せきりにするのではなく、会社の事業の性質を理解し、成長をサポートしてくれるパートナーを探すことをお勧めします。

士業の違い(弁護士,司法書士,社会保険労務士,行政書士,公認会計士,税理士)

弁護士,司法書士,社会保険労務士,行政書士,公認会計士,税理士など、日本には数多くの”士業”が存在します。経営を行ううえで関わる機会が多い士業の役割について、なるべく簡単にまとめています。

注意事項
※1 本記事は2019年9月現在の法令等に基づき記載しております。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しております。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失について、弊社では一切の責任を負いかねます。

 

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経て、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。 売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供し、また、自社Webにて120以上の記事を執筆している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。