予定納付/中間納付 半年に一度の税金支払い-起業に強い税理士が解説

法人税等や消費税等の税金は、年に1度確定申告(支払うべき税金の計算)と,税金の支払いを行わなければなりません。

しかし、これらの税金は年に1度の支払いで済むものではなく、実は他のタイミングでも支払わないといけない場合があります。資金繰りに困らないよう以下で基礎知識をご紹介します。

予定納付等(予定納付,中間納付)

年に一度の確定申告の他、半年に一度など税金の支払いを行わないといけないタイミングがあります。それが予定納付,中間納付(以下「予定納付等」)と呼ばれるものです。

予定納付等の存在を知らず、いきなり税金を支払えと言われても資金繰りに困ってしまいますよね。

以下で基礎知識をご紹介しますので、概要を把握し、資金繰りに困らないよう備えましょう。

予定納付等は確定申告で支払う税金の前払い

前期の確定申告で計算した税金のおよそ半分の金額を、当期が始まってから半年後のタイミングで支払うこととされており、この支払いのことを予定納付等と言います。

法人税等時期金額
確定申告原則として決算期から2か月以内所得(利益)×約30%
予定納付等事業年度開始後,6か月~8か月以内前期の確定申告税額(※)の半分

予定納付等を差し引く前の金額

国の資金繰りの観点からか、年に1度税金徴収を行うのではなく、半年に一度税金の徴収を行いたいという考えがあるようです。

なお、予定納付等の金額は法人税等の前払いとして支払うものです。

従って、確定申告時に支払うべき税金を計算した際、予定納付等で支払った金額は充当されます(確定申告で支払うべき税金から差し引かれます)。

前期の税額の半分を追加で支払うといったものでは無いのでご安心ください。

法人税等:前期の法人税額が年20万円以下なら予定納付等が不要

前期の法人税額÷前期の月数×6が10万円以下の場合,法人税等の予定納付等は不要とされています。

従って、前期が設立1期目でない(12か月間ある)場合、前期の法人税額が20万円以下であれば法人税等の予定納付等が不要です。

前期の法人税額20万円÷前期の月数12か月×6=10万円→10万円以下 ∴予定納付等が不要

これは、1回で徴収できる税金が10万円以下の場合、税金の徴収額が少ない割に事務負担がかかるため手続きを省略しているのだと考えられます。

消費税:最大で年11回の予定納付等を行う

消費税の予定納付等は法人税等の予定納付等より複雑です。

前期の確定消費税額予定納付等の回数
48万円以下0回(不要)
48万円超、400万円以下年1回
400万円超、4,800万円以下年3回
4,800万円超年11回

 

前期の確定申告で計算された消費税額が48万円以下の場合,消費税の予定納付等は不要です。

一方、前期の税額が4,800万円超の場合は年11回も予定納付等を行わなければならず、非常に手間がかかります

ただし、前期の税額が4,800万円というのは売上でいうと7.6億円(4,800万円÷消費税率6.3%(※))のため、中小企業の場合は多くても予定納付等の回数は年3回でしょう。

計算の詳細は「国税庁 タックスアンサーNo.6609 中間申告の方法」をご覧ください。

※消費税率8%というのは消費税(国税)6.3%+地方消費税1.7% で構成されており、ここでは国税部分6.3%をベースに計算を行います。

予定納付等は税金を支払うだけでOK(申告書の提出不要)

予定納付等は、税務署等から税金を支払うための納付書(振込用紙)が送られてきますが、申告書もセットで送られてきます。

ただし、この申告書は税務署に出す必要はありません。

予定納付等は,あくまでも確定申告に係る税金の前払いであり、税務署としても徴税に手間をかけたくない手続きです。

従って、税金を支払えば申告書を提出したものとみなす税法上の規定が存在し、税金の支払い(振込)を行えば申告書の提出を行う必要がありません。

もちろん送られてきた申告書を税務署に出しても構いませんが、手間がかかるだけなので、一般的には出さず、税金の支払いのみを行います。

異常事態が生じた年は仮決算による中間申告を検討

予定納付等について、普段は税務署から送られてきた納付書を基に税金の支払いだけ行えば問題ありません。

ただし、それだと稀に困るケースがあります。

異常な利益が出た場合

例えば先祖代々伝わる土地を売却し,多額の利益が生じた場合です。

いつもの年と比べて異常に利益が出てしまい、かなりの法人税負担が生じることになります。

その年はもちろん多額の税金支払いを要しますが、土地の売却によって得られたお金があるため,税金の支払いに困ることはないでしょう。

問題はその翌年です。

予定納付等は前年の税額の半分を支払うこととされているため、資金繰りに困窮する可能性があります。

赤字になった場合

いつもは毎年黒字なのに、今年だけ赤字になってしまった場合、前年の黒字ベースの税額の半分を支払う余力は無いでしょう。

救済措置:仮決算による中間申告を行う

上記のような異常事態が生じた場合、救済措置として,事業年度を半年で区切って仮決算を行うという方法があります。

半年で区切って税額計算を行い、それに基づき予定納付等(仮決算による中間申告)を行うことができるのです。

その方法によった場合は予定納付等を実績利益ベースで計算できるため、まともな税負担となり,資金繰りに困る可能性を排除することができます。

関連記事です。

【起業家向け】税理士の選び方、税理士の仕事は?

仮決算による中間申告はあまりメジャーでない方法でなく、また、決算を行う手間が生じるため、自ら案内しない税理士も多いです。

もし適用を受ける場合は、顧問税理士に自ら相談した方が良いでしょう。

常日頃から連絡をとりやすい税理士との相談体制を構築することをお勧めします。

税金関連の年間スケジュール(法人編)

法人税や消費税、その他主要な税金の年間スケジュールをご紹介しています。

注意事項
※1 本記事は2019年7月現在の法令等に基づき記載しております。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しております。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失については弊社では一切の責任を負いかねます。

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

税理士 坂根崇真
税理士 坂根崇真
【プロフィール】
一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事
税理士

【寄稿実績など】
Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE
会計人コースWeb、事業承継・M&AならBatonz(バトンズ) 専門家コラム、名古屋大原学園 大原簿記情報医療専門学校

【メディア出演実績】
01CHANNEL(株式会社ウェイビー運営)
税理士2.0 AKIRAチャンネル(レッドスターコンサルティング株式会社運営)
TAKA World Peace(株式会社グローバルマーケット運営)

【著書】
相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (2021年3月発売予定)

【メディア運営】
税理士による相続メディア:あんしん相続税 などを運営(合計:月間10万PV)

【経歴等】
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人の出身であり、売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験も多数あり、創業から上場まで対応が可能である。
また、士業など専門家1,500人以上の団体「全国第三者承継推進協会」の理事に就任し、後継者不在の会社の第三者承継を推進している。
その他、Twitterでは1万人のフォロワーを有しており、経営者や士業が年間数百名参加する交流会を開催している。

【事務所情報】
ブラッシュメーカー会計事務所:東京・神田にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。