消費税増税による請求書の変更

平成の時代に終わりを告げ、ついに令和元年(2019年)10月1日から、消費税率10%への引き上げが行われます。

こちらの記事では、消費税率10%が導入された後においても消費税率8%(軽減税率)の対象となるものがあることをご紹介しました。また、こちらの記事では、外食産業における消費税率の判断(8% or 10%)が難しいことをご紹介しました。

続いては、消費税増税に伴う請求書の改修についてです。これは飲食料品を扱わない業種においても影響があるお話です。

2019年10月から請求書が変わります

2019年10月1日から消費税率が10%に引き上げられることに伴い、業種によっては請求書を変えなければなりません。

具体的には、今までの請求書に加えて、消費税率8%に該当するものであること(飲食料品などであること)と、消費税率8%,10%に区分してそれぞれの税込金額を記入すること(区分記載請求書等)が求められます。

ただし、消費税率8%となる飲食料品などを取り扱わない業種については消費税率10%のみの請求となるため、今までの請求書をそのまま使用しても良いようです。

また、レジ改修を行うことによって消費税率を管理することができれば良いですが、資金の都合から、レジ改修ができない小売店も少なくないでしょう。そのような場合は、例えば手書きで消費税率8%であること等を記載する対応でも構わないようです。

受け取った請求書等に注意

法人設立後2年間や、2年前における売上高が1,000万円以下の会社については原則として消費税の申告納税義務がありません。従って、消費税の申告納税義務が無い場合は、他社が発行した請求書等についてあまり気にする必要は無いと考えられます。

一方で、消費税の申告が必要な会社については、他社が発行した請求書について消費税率8%、10%の区分がされているか確認を行わなければなりません。

消費税の申告,納税は、売上に対してかかる消費税から、ご自身が支払った(負担した)消費税を差し引いて国に支払いを行います(消費税の仕組みについてはこちらの記事をご覧ください)。従って、ご自身の会社が飲食料品を扱わない業種であっても、事業用にスーパーで購入した飲食料品があれば、消費税率10%と8%の区分が必要となります。

なお、相手方が発行した請求書に消費税率8%、10%の区分がされていない場合は、2023年(令和5年)9月30日までは受け取った請求書に消費税率区分の追記が認められるようです。

※もちろん、消費税率などの追記を行い,あるべきに直すだけなので金額の書き換え等はダメです。

少子高齢化の日本を支えるため、消費税増税は仕方がないことかもしれません。しかし、消費税増税の反対の声が強いことから、中途半端に消費税率8%と10%が混在する世の中になってしまうというのは、残念ながら日本経済に悪影響を及ぼしてしまっています。

関連記事です。

外食の消費税(10%への増税に向けて)

飲食業界は消費税率8%と10%が混在するため、消費税増税によって多大な事務負担を要します。消費税増税に備えて、再度取り扱いの概要を確認しましょう。

消費税率10%への引き上げ(軽減税率)

消費税率8%(軽減税率)の対象は飲食料品と新聞です。消費税は政権争いの材料にされやすいので仕方ない面がありますが、全ての取引について一律消費税8%若しくは一律10%とすべきでしたね。非常に複雑な制度になってしまいます。

注意事項
※1 本記事は2019年7月現在の法令等に基づき記載しています。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しています。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失については、弊社では一切の責任を負いかねます。

 

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経て、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。 売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供し、また、自社Webにて120以上の記事を執筆している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。