太陽光融資 – 信販会社の活用

太陽光発電設備の購入は信販会社からの融資を基に行うことが多いです。今回は、この信販会社の融資条件や活用方法について掘り下げていきます。

信販会社からの融資について

信販会社とは

おさらいです。

信販会社とは、販売信用取引(クレジット取引)を行う会社で、クレジットカードを利用する際に、クレジットカード明細に名前が載っていることがあるような会社のことです。太陽光発電事業を行う際はこれらの信販会社のうち、特にアプラスとジャックスから融資を受ける(お金を借りる)ことが一般的です。

信販会社の融資条件 – 利率、期間

信販会社の融資条件は太陽光発電設備の販売業者によって異なります。

ただし、利率2.2%,期間15年が一般的です。中には利率2.15%等の業者もありますが、2.2%に上げるよう要求されているようです。これらの条件から大きく外れた条件を提示してくる業者については、利率が高くないか、もしくは利率が低いのであれば物件価格に低利率分が上乗せされていないか等の条件確認が必要になってくるでしょう。なお、融資を受ける際は、融資利率以上の運用ができるのであればできるだけ長期間お金を借りた方が良いでしょう。期間20年で融資を受けられる物件も稀にあるため、見かけたら価格などの条件面をチェックし、検討してみることをお勧めします。

アプラスかジャックス、どちらかしか使えないことも

太陽光発電設備を購入する際に使える信販会社は、アプラスとジャックスの2社であることが一般的です。

しかし、中にはアプラスかジャックス、どちらかの信販会社しか使えないというケースもあります。以前、付き合いのある太陽光発電設備の販売業者にヒアリングしてみたところ、トラブルを起こした販売業者が取引を停止され、どちらか一方の信販会社しか使えないことになっているというのが原因だそうです。

融資審査にかかる日数

信販会社の融資結果はだいたい1~3日程度で出るようです。業者によっては2週間,3週間かかるケースもありますが、一般的には融資審査の申し込み後、すぐに融資結果が出るという非常にスピーディな対応が望めます。

融資額はどのぐらいか

融資額は個人の属性によって大きく異なります。人によっては1物件しか購入できない場合もあるようですが、一例として年収600万円代の方で2物件4,400万円(アプラス1物件2,200万円、ジャックス1物件2,200万円)、年収1,200万円の方で4物件8,000万円(アプラス2物件4,000万円、ジャックス2物件4,000万円)いけるケースもあるようです。

融資額を確認するため、物件を購入するつもりがなくてもまず一度融資審査に出してみるという方法もあります。10回20回と審査にかけていれば怪しまれるようですが、2、3回程度であれば以後の融資結果に特に影響は与えないそうです(業者談)。

住宅ローンは融資結果に影響するのか

住宅ローンを抱えていると、信販会社の融資が降りにくくなるのではないかと思われる方もいるでしょう。

しかし実際はそんなことはなく、むしろプラスに働くケースが多いようです。ただし、住宅ローンを組んでいる間は自宅を担保に出せなくなる(既に住宅ローンで自宅を担保に出している)ため、日本政策金融公庫や銀行からの追加融資は厳しいかもしれません。なお、住宅ローンは一般的に金利がかなり低いため、住宅ローンの繰上返済を行ってまで、あえて条件の悪い融資を受ける必要はないでしょう。

信販会社を活用して物件を抑える

物件を購入する際は信販会社に融資申し込みを行い、融資結果が出てから太陽光発電設備の販売業者に物件を抑えてもらいます(他の方に物件を販売しないよう、確保してもらいます)。

なお、日本政策金融公庫からの融資を受ける場合は1か月2か月かかるため、一旦信販会社を活用して物件を抑え、その後日本政策金融公庫の融資審査に持ち込むという活用方法もあります。

関連記事です。

太陽光発電事業における収入,費用についての考察

太陽光発電設備は1基1,500万円~3,000万円程度と高い買い物です。投資や事業を行う場合はご自身でリスク管理を行う必要がありますので、きちんと事前知識をつけておきましょう。

終わりが見えた太陽光発電事業への融資

今は太陽光発電事業への日本政策金融公庫からの融資が閉まってきています。日本政策金融公庫からの融資をお考えの場合、担保にできる不動産(自宅など)が無いと厳しいでしょう。

固定資産税を3年間免除する裏技(先端設備等導入計画)

太陽光発電設備を購入する際、固定資産税を3年間免除できる場合があります。ブラッシュメーカー会計事務所では、固定資産税免除サポートについて成功報酬制でのご案内が可能です。ご興味がある方はお問い合わせください。

注意事項
※1 本記事は2019年7月現在の法令等に基づき記載しております。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しております。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失については弊社では一切の責任を負いかねます。

 

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経て、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。 売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供し、また、自社Webにて120以上の記事を執筆している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。