相続税の計算の仕組み

相続税は、お亡くなりになった時点の財産額に応じて遺族等に課される税金です。

今回は、相続税を支払うべき金額がどのように計算されるのか、基本的な仕組みについてご紹介します。

相続税は非常に複雑な仕組みをしています。お元気なうちに、相続税のことまで考えた遺言書の作成を行うと良いでしょう。

相続税がかかる人

相続税は、お亡くなりになった方から遺産をもらった方(=遺族等)にかかる税金です(詳細は以前の記事もご覧ください)

なお、遺産を受け取ったら必ず税金がかかるのか?といえばそういうわけでもなく、遺産額によっては相続税がかからず、また、確定申告(支払うべき税金を計算し、税務署に書類を提出すること)が不要なラインがあります。

そのラインは3,000万円+600万円×相続人の数とされており、例えば、お亡くなりになった方の奥さん、お子さんが2人いる場合は相続人の数が3人で4,800万円(※)です。

3,000万円 + 600万円 × 3人 = 4,800万円

従って、そのような家族構成の場合、遺産が4,800万円以下であれば相続税がかかりません。このラインは算式を見ればわかる通り、家族構成によって異なります。目安として、自宅を持っていたり、預金などが3,600万円を超えそうだと感じたら注意が必要です。

なお、余談ですが、昔はこのラインが5,000万円+1,000万円×相続人の数でした。しかし、このラインは上述した3,000万円~と大幅に引き下げられました。従って、昔と比べて相続税がかかる人は倍増したと言われています。

相続税は借金や葬式費用を差し引いた手残りの財産にかかる

画像は国税庁のWebページから拝借しました。

上記の画像だけ見るとわかりにくいですが、相続税がかかる財産は、簡単に言えば以下の通り計算を行います。

(1)亡くなった方が持っていた預金や土地などの財産額を集計

(2)お葬式にかかった費用、住宅ローンなどの借金などを集計

(1) -(2) が、上記で説明した3,000万円~のラインを超えていれば、その超えた部分(課税遺産総額)に対して相続税がかかります。

相続税の総額を計算する

上記で計算した3,000万円~のラインを超えた金額(課税遺産総額)について、遺族が相続分通りに遺産を取得したと仮定した場合における相続税のトータル金額を計算します。

相続税は遺産を受け取った方にかかる税金ですが、相続税を支払うべき金額は、亡くなった方がお持ちであった財産額を基に算定します。従って、遺族の方1人1人が支払う相続税を計算する際は、まずは財産がいくらあったのか、相続税が家族全員でいくらかかるかの計算を行わなければなりません。

なお、相続税の税率は以下の通りです。

上記の例でいえば、奥さんが相続税がかかる財産7,600万円を取得したと仮定し、以下表に当てはめた1,580万円(※)が、奥さんが支払うべき税金とします。これを相続人全員分計算し、合計2,700万円が遺族全員が支払うべき相続税のトータル金額となります。

※7,600万円 × 30% – 700万円 = 1,580万円

実際に支払うべき相続税を計算する

相続税は遺産を受け取った方にかかる税金です。

上記で計算した相続税の総額(2,700万円)を基に、遺族1人1人が支払うべき実際の相続税を計算します。具体的には、2,700万円の相続税を、実際に遺産を受け取った割合に応じて遺族1人1人に按分します。例えば、奥さんが全財産の半分を受け取っているのであれば2,700万円×1/2で1,350万円が奥さんが支払うべき相続税となります。

上記の例であれば、奥さんが受け取った遺産は1億円。全体の遺産は2億円ありますので、奥さんが受け取った割合は1/2となります。相続税のトータル金額2,700万円×1/2(1億円/2億円)である1,350万円が、奥さんが実際に支払うべき相続税となります。

なお、このあと奥さんに対する税金について調整(配偶者の税額軽減)があったりしますが、今回は説明を省略します。

 

以上、相続税の仕組みについて概要をご説明しましたがいかがでしょうか。

これでもまだ概要であり、相続税の仕組みはもっと複雑です。また、お亡くなりになってからでは相続税の対策ができないため、お元気なうちに遺言書の作成や相続税の試算を行っておくことをお勧めします。

ブラッシュメーカー会計事務所では、相続税を踏まえた遺言書の作成や相続税の生前対策を行っています。詳しくは、こちらからお問い合わせください。

関連記事です。

何をすれば良い?相続手続きの概要

相続税の申告が必要なかったとしても、相続手続きはすべての方に必要です。相続関連の手続きについて、解説を行います。

私には関係ない?相続税の基礎知識

相続税は身近な税金です。知っておきたい相続税の基礎についてご紹介しています。

【相続税対策】贈与の極意 – 贈与を行うことが相続税対策になる理由

相続税の対策として、お子さんへの贈与を行う方法がよく用いられています。ただし、相続税の対策を行う前に、まずはいくら相続税がかかるのか、概算の金額を把握しておいた方が良いでしょう。

注意事項
※1 本記事は2019年8月現在の法令等に基づき記載しています。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しています。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失については、弊社では一切の責任を負いかねます。

 

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経て、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。 売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供し、また、自社Webにて120以上の記事を執筆している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。