相続税の申告スケジュール

相続税は、お亡くなりになった時点の財産額に応じて遺族にかかる税金です。

相続は大変哀しい出来事ですが、加えて現実問題として色々な手続きがあり、忙しいです。死亡届の市区町村役場への提出、お葬式などから始まり、気が付いた頃には相続税の申告期限が間近だったということは少なくありません。

今回は、相続税の申告書をいつまでに出さないといけないのか、スケジュールを確認していきます。

相続税は遺族にかかる税金

相続税は故人にかかる税金ではなく、相続によって遺産を受け取った方にかかる税金です。無償で財産を譲り受ける(受け取る)ということは、現実はどうあれ、税金を支払う余力があると考えられるとされています。

そのような理由から、相続によって一定ライン以上の遺産を受け取った方は、税金(相続税)を国に支払う必要があります(相続税の基本的な仕組みは以前の記事をご覧ください)。

相続税の申告書は10か月以内に出す

相続税の申告書は通常、亡くなった日から10か月以内に遺族が提出する必要があり、この10か月間に、亡くなった方の遺産をどう配分するかを遺族間で決める(遺産分割協議を行う)必要があります。

この遺産分割協議が厄介であり、遺族間で争いが起こることも少なくありません。中々話がまとまらない場合であっても10か月の期限は変わりませんので、遅れないように注意が必要です。

また、相続税はお金の話が絡みます。信頼して相談できる専門家がいない場合、ご家族が亡くなってから相続税について誰に相談すればいいのか。また、うちは相続税がかかるのか?といったことについて悩んでしまうことは少なくないでしょう。

相続税申告のための資料収集や相続税の負担を考えた遺産分割協議などを行っていると、10か月の期限というのはあっという間にやってきますので、まずは気軽に相談できる専門家を早めに探すことが大切です。ブラッシュメーカー会計事務所では、うちは相続税がかかりそうか?といったご相談についても承っています(お問い合わせはこちらから)。

放っておくと多額の税金と罰金がかかる

相続税の申告は、放置しておくと多額の税金と罰金がかかることがあります。

例えば旦那さんがお亡くなりになった際、奥さんとお子さんに1億6,000万円の財産を遺したとします。全財産を奥さんが引き継ぐことが決まっていた場合、申告をすれば相続税の支払いは0で済みます(詳しくは国税庁のWebページをご覧ください)。これは、申告を行った場合、奥さん(配偶者)の生活への配慮などから税金の支払いを抑えてくれる制度があるからです。

ただし、こういった制度は基本的に申告を行わないと受けられません。上記の例でいうと、申告を行わずに放置し続けていた場合は2,000万円強の税金に加え、400万円強の罰金がかかる恐れがあります。申告を行った結果相続税の支払いが無かったとしても、相続税の申告を行わないといけないケースは多々あるため注意が必要です。

なお、お元気なうちに遺言書を作っておけば遺産分割協議の手間を省くことができるため、10か月の期限内にスムーズに申告を行うことができます。ブラッシュメーカー会計事務所では、お元気なうちに、万が一お亡くなりになった場合にかかる相続税の試算や、遺言書の作成サポートも行っています。ご興味がある方はこちらからお問い合わせください。

関連記事です。

何をすれば良い?相続手続きの概要

相続税の申告は全ての人に必要なわけではありませんが、相続は誰にでも起こる出来事です。相続がどのような手続きか、事前確認をお勧めします。

相続税の計算の仕組み

相続税の計算の仕組みは複雑ですが、概要を知っておかないと、何故こんなに税金がかかるんだ?と疑問に思います。また、税理士に提示された税金をそのまま支払うのではなく、仕組みを知った上で支払うことで、遺産を納得して分けられたり円満な相続を行うことができるでしょう。

贈与税がかかる人

相続税は亡くなった時点の財産額に応じてかかる税金です。生きているうちにお子さんに贈与を行い財産を減らしておくことで、相続税の支払いを抑えることができます。

注意事項
※1 本記事は2019年8月現在の法令等に基づき記載しています。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しています。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失については、弊社では一切の責任を負いかねます。

 

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経て、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。 売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供し、また、自社Webにて120以上の記事を執筆している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。