赤字からの脱却(損益分岐点とは)

たくさん売れば儲かる、人件費を削れば儲かる

確かにそのような場合もあるでしょう。しかし、経営を行ううえでは利益率の確認や、目標利益額を達成するための販売目標などをたてることが重要です。気が付かないうちに、赤字経営になっていて資金が枯渇したという状態に陥らないよう、適切な頻度で財務分析を行うと良いでしょう。

今回は、会社の赤字と黒字の境目となる”損益分岐点”についてご紹介します。

会社経費を変動費と固定費にわける

会社の経費は、変動費と固定費の2つにわけることができます。

変動費とは、売上や商品の販売数量などに応じて、毎月一定額でない(支払額が変動する)費用のことを言います。例えば、商品の販売原価、製造にかかった材料費、外注費などが挙げられます。

一方で、固定費とは売上や商品の販売数量によらず、ほぼ固定金額発生する費用、例えば人件費や家賃が挙げられます。

なお、経費が変動費になるか固定費になるかは、同じ内容の支払いであっても、会社ごとに変動費・固定費どちらに区分すべきかは異なります。自社の状況に応じて変動費に該当するか固定費に該当するかは検討を行う必要があります。

赤字と黒字の境目(損益分岐点)

会社を黒字化するためには、上述した固定費だけでなく、当然ながら変動費もあわせて回収できなければなりません。イメージとしては以下の図です。

損益分岐点

赤字と黒字の境目となる売上高のことを、損益分岐点売上高と言います。損益分岐点は、売上と経費が同額となる状態です。

つまり、損益分岐点売上高は、赤字にならないよう最低限売らなければならない金額と言い換えることができます。この損益分岐点がいくらであるかを確認することによって、経営者は目標の利益を達成するためにどの程度の売上が必要か、また、経費をどの程度に抑えるべきかを見極めることができます。

最後に

商品1個あたり,取引先1件あたりの変動費の算定を行うことで、目標の利益を達成するために、今何個/何件の販売が必要かといった目標を立てることができます。毎月の単純な売上高や、ほぼ定額かかる固定費に目がいきがちですが、定期的に財務分析を行うことによって、より良い経営判断、経営計画に役立てることができます。

 

以上、赤字と黒字の境目である損益分岐点についての簡単なご紹介でしたが、いかがでしょうか。なお、この手の財務分析業務は、税理士業務の範囲(申告書の作成、税務相談など)から外れるため、残念ながらほとんどの税理士が提供していないのが現状です。我々ブラッシュメーカー会計事務所は、皆様の成長発展を願い、3か月に一度若しくは毎月、財務分析資料のご提供とともにご面談を行う独自の取り組みを行っております。

なお、我々ブラッシュメーカー会計事務所は、外資系企業や上場企業など、多くの複雑な案件を対応してきた税理士が対応を行っており、旬な税務情報のお知らせはもちろん、海外取引を行う企業など、一般的な税理士事務所が対応できない複雑な案件への適切な税務アドバイスを可能としております。

我々ブラッシュメーカー会計事務所は、単なるバックオフィス業務の外注先ではなく、成長の一翼を担うべく、サポートして参ります。

問い合わせ内容の一例と男性。LINE対応可能。

関連記事です。

会社の儲けを示す資料(P/L)の見方

損益計算書(P/L)には会社の1年間の経営成績が示されます。会社の利益がいくらであるかはもちろん、どのような理由によって稼ぐことができたのか、その概観を把握することができます。

なぜ決算書を作るのか

決算書の作成理由は大きく3つあり、株主など外部関係者に報告すること、税金の確定申告に使うこと、経営判断に役立てることが挙げられます。

税金の確定申告を行うため、最低限年に1度は決算書の作成が必要ですが、ビジネスの方向性を誤らないよう、できれば四半期に一度(3か月ごと)決算書を作成し、経営の方向性を修正していくことをお勧めしています。

起業家必見!顧問税理士の選び方ガイド(前編)

税理士には色々なタイプがいます。

得意分野などの関係はありますが、やはりレスポンスの速さや相談しやすいかどうかといった問題も大きなウェイトを占めます。最終的に迷った場合、ご自身の性格に合った、親身に対応してくれる税理士をお勧めします。

注意事項
※1 本記事は2019年9月現在の法令等に基づき記載しております。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しております。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失について、弊社では一切の責任を負いかねます。

 

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経て、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。 売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供し、また、自社Webにて120以上の記事を執筆している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。