会社のビジョンを明確に

会社経営は、遊びではありません。

社長1人のプライベートカンパニーであれば話は異なりますが、そうでなければ数か月先、数年先にどんな会社でありたいかを考え、経営を行います。今回は、会社経営を行ううえでの目標設定や、目標の明確化を行うために何をしなければならないかを確認していきます。

社長は夢を語るべき

特に中小企業においては、社長が夢を語らなければ優秀な人はついていきません。

社長の人柄が良ければついてきてくれる従業員もいるかもしれませんが、中小企業は現状に満足していればいずれ縮小し、倒産するでしょう。基本的には絶えず成長を続けていかなければなりません。

来年には売上を倍増する、取引先件数を〇件増やす。○○の分野で世界一の企業を目指す。具体的であるほど良いでしょう。

夢を明確化する手法

実現したい夢があっても、ただの妄想ではいけません。売上を倍増するために何をするべきか、どのように販路拡大を狙うのか、その段階にたどり着くために今何をすべきか、経営陣の間でもっと明確に落とし込んでいく必要があります。

夢を明確化する方法は一つではありませんが、よく挙げられる大事なことは3つあります。

1つ目は、どの分野で戦うかを決めること。
2つ目は、基本的な方針を作ること。
3つ目は、目標を数値化することです。

1.どの分野で戦うか

どの分野で戦うか。

これは当たり前な話ですが、例えばIT企業として戦うのか、建設業として戦うのか、はたまた家電量販店として戦うのか。自分たちの業種を明確にすることです。

人やお金などの大切な経営資源を投入するため、特に明確に示す必要があります。

2.基本的な方針を作る

何を武器にどのように戦うか、基本的な方針を作ることも大切です。

ただやみくもに戦うのは、あまりよろしくありません。一言で〇〇業といっても、もっと細分化ができるはずです。自分たちのターゲット(お客さんの層)や、何が武器になるかを考えることが大切です。

この分野は大手企業が参入している。だけど、その中でもこの分野であれば取り組んでいる企業は無い。

自分たちの武器やターゲットを明確にしていきましょう。

3.目標を数値化する

3つ目は目標を数値化することです。

会社の現状、そして、将来あるべき到達点を数値化することでビジョンがより明確になります。

例えば、来年までに1億円の売上を達成したい。ただし昨年の売上は6,000万円だ。現状の売上から逆算して、目標を達成するためには何件成約する必要があるのか。コストがかかりすぎているから、ここを削れば利益を確保できるといった具合です。

経営判断を行うためには、現状分析と将来目標の設定も大事です。ただ夢を語ることは簡単ですが、数値化を行うことで中長期的にすべきこと、今すべきことが明確になります。

 

なお、ブラッシュメーカー会計事務所では、月次決算書による財務分析業務をご提供しています。毎月若しくは四半期に一度、会社の状況をグラフ化等した資料を基にご面談させていただきます。

サンプル

上記の資料は一例ですが、経営陣の間で情報共有を行っていただき、経営判断に役立てていただきたいという考えがあります。

なお、一般的な税理士事務所でも月次決算を行っているケースがありますが、以下のような、単に数字が羅列された資料である場合が殆どです。

サンプル

経営を行ううえで目標の明確化は大事ですが、あまりにも高度や精緻な情報は経営者にはかえって不要な情報であることが多いです。ブラッシュメーカー会計事務所では資料をグラフ化等し、問題の本質をとらえ、ビジョンを明確にしていただきたいと考えています。

ブラッシュメーカー会計事務所では、事業を成功に導くサポートを致します。

関連記事です。

なぜ決算書を作るのか

決算書は税金の申告のためには年1回の作成で済みますが、経営を行ううえでは毎月作成することをお勧めします。

会社に経理部を作るメリット

会社規模が大きくなったら、経理部を自前で持つと早期に経営判断を行うことができます。

起業家必見!顧問税理士の選び方ガイド(前編)

税理士の違いがわからない、そんな方のために顧問税理士をつける際のポイントをご紹介しています。我々は、最終的には相談しやすい税理士を探すことをお勧めしています。なお、月次決算は毎月すぐに対応しないと古い情報となってしまうため、レスポンスが早い税理士かどうかも大切です。

注意事項
※1 本記事は2019年8月現在の法令等に基づき記載しています。
※2 本記事は一般的なケースに基づき記載しています。実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。
※3 本記事に記載された内容に従って行動された結果生じた損失については、弊社では一切の責任を負いかねます。

ブラッシュメーカー会計事務所をフォローする

投稿者プロフィール

ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 坂根崇真
税理士法人山田&パートナーズ、業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人を経験後、ブラッシュメーカー会計事務所を共同で創業。
法人と個人の税率差を活かした相続税の生前対策やシミュレーション、売上数千億円規模の大企業の税務相談・申告書作成など、幅広い業務提供の経験を有する。
現在は代表の河野と共に、主にベンチャー企業・中小企業向けに税務相談・申告書作成や財務コンサルティング業務を提供している。

ブラッシュメーカー会計事務所は、東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。