資産運用について、税理士がやさしくご相談にのります

※お問い合わせフォームはこのページの最後にあります

なぜ資産運用をすべきか?

お金はお金を持っている人に集まります

お金はお金を持っている人に集まります。

100万円しか持っていない人が年利3%で運用しても1年間に得られる利益は3万円ですが、1億円持っている人が年利3%で運用すれば1年間に得られる利益は300万円です。

このように、お金はお金を持っている人のところに集まります。

そして、お金を持っている人はリテラシーが高いため、資産運用のノウハウについても、やはりお金を持っている人のネットワークができ、そこに集まります。

言い方を変えれば、お金を持っていない人のもとには割の良い資産運用の話は来ない一方で、資産運用をしなければ、お金は一向に増えていきません。  

預金のリスクを考えていますか?

「お金はすべて預金しているので老後も安心!」 多くの方が言いますが、これは本当でしょうか? 次の2点のリスクを考慮できていますか?

  • 銀行が破綻するリスク
  • インフレリスク

銀行が破綻するリスク

預金にはペイオフの制度がありますが、保護されるのは1金融機関毎に元本1千万円までと利息のみです。

そのため、1つの銀行に2,000万円、3,000万円と預金するのは、既に中リスク低リターンの投資を行っていると言えます。

「銀行が破綻するわけないじゃん!」

本当ですか? つい20年ほど前に、山一證券や北海道拓殖銀行といった超大手の金融機関が破綻しています。

「過去の話しでしょう?メガバンクが破綻するわけないじゃん!」

本当ですか?

会社が破綻するのはめずらしい話ではありません。

最近で言えばJAL が挙げられます。

どれだけ大手の会社であっても利益が出なければいつかは破綻します。

みずほグループは2026年度末までに1万9,000人のリストラを計画していることをご存じでしょうか。

メガバンクなどの大手銀行も、ネット銀行などの台頭により、どんどん業績が悪化してきています。

そのため、これからUFJ銀行やみずほ銀行と言ったメガバンクが破綻する可能性はゼロではありません。

まず、ペイオフを意識していない時点で既にリスクある投資を行ってしまっています。  

インフレリスク

「いまの1,000万円は10年後の1,000万円と同じ価値がある」

違います。 日銀が打ち出している日本の目標インフレ率は2%です。

どういうことかと言えば、 1台1,000万円の車が翌年には1,020万円、5年後には1,104万円、10年後には1,218万円なければ買えないということです(年2%の複利計算)。

1,000万円あれば車を買うことができますが、もし1,000万円を定期預金に預けた場合、10年後に1,000万円を引き出しても3,000円ぐらいしか利息が付きません。

つまり、10年後にはその1,000万円では車を買うことができなくなります。

過去の時代はデフレが続いていたため実感がない方も多いかもしれません。

しかし、よく思い出してください。 20年前はマクドナルドのハンバーガーが59円、缶ジュース100円が当たり前の時代でした。

今では、ハンバーガーは110円、缶ジュースは130円~150円が一般的です。 お金の価値は一定ではありません。

預金しているだけでお金の価値は目減りしていきます。 もし数億円のお金があれば、何も手を打たなくても自分の代では良いかもしれません。

ただ、ハイパーインフレが起きたり日銀がお金を刷りまくれば、あっという間にお金はその価値を失います。

増やすための資産運用、守るための資産運用どちらも学んでいかなければいけません。  

資産運用で気を付けるべきこと

付き合う相手は選びましょう

資産運用について、次のような悩みはありませんか?

<お悩みの例>
  • 「退職金が入ってきたけど、どのように運用したら良いかわからない」
  • 「預金だけで大丈夫かな?将来が不安」
  • 「資産運用はしたいけど、銀行や証券会社に相談するとカモにされそう」
  • 「不動産投資の営業を受けたけど、大丈夫かな。他の人の意見を聞いてみたい」
  • 「余剰資金が3千万円あるけど、年利3%ぐらい欲しいな。どうしたらいいんだろう」

「資産運用」に興味がない人はいないと思います。

ただ、一言で「資産運用」といっても、低リスク低リターンの運用方法や、高リスク低リターンの運用方法もあり、一概にどれが良いとは言い切れません。

中でも、特に気を付けるべきことは、「付き合う相手は選びましょう」ということです。

資産運用に関しては、次のような人たちが言葉巧みに声をかけてきます。

  • 不動産屋
  • 銀行、信託銀行、証券会社
  • 保険会社
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 投資コンサルタント

不動産屋は不動産を売るために、銀行は投資信託を売るために、保険会社は保険を売るために、無料セミナーで人を集め、言葉巧みに商品を販売します。

また、これらの中でも特に気を付けなければならないのがFPです

彼らはお金のプロを名乗り、手数料の高い保険や投資信託を売るという悪質なことを行っている人もいます。

決して彼ら全員が悪いわけではなく、中にはお客さんのことを考える良い人も確かにいます。

しかし、それを見極めるのはむずかしいです。

信用できる人、信用できる人からの紹介など、付き合う相手は選びましょう。  

危険な資産運用方法の一例(不動産投資)

もし私が言っていることを信じられないのであれば、次のセミナーや資料請求は無料なので、ぜひ一度参加したり手に取ってみてください。

これらの会社には何の恨みもありませんが、何だかんだ、「うちの不動産投資は最高だ」と言った話になるでしょう。

どんなに最高の物件であっても、不動産会社は通常、限界ギリギリまで利益を上乗せします。

そうしたら、投資家にとっては利益は出ません。  

危険な資産運用方法の一例(仕組預金)

銀行がすすめる預金の一つに、「仕組預金」と呼ばれるものがあります。

これは、一見すると良さそうに見えるかもしれません。

ただし、仕組預金は銀行が絶対に儲かる商品であり、手数料のカタマリです。

銀行は商品説明にメリットばかり記載していますが、よく見ると酷い条件が付いています。

たとえば、次の預金です。

金利の条件は年0.16%もしくは年0.05%→年0.60%、しかも元本保証です。

これだけ見ると、預金にしては悪くないかもしれません。

ただし、「リスク等」を見ると、次の説明書きがあります。

要約すると、「預入期間は銀行側が決めることができ、預金する人が決めることはできない。」ということです。

1年間だけ預けるつもりが、気が付いたら10年も引き出せず、いざお金に困ったときに引き出せないリスクがあります。

また、そのほかにも、目に付く限りで次の3つのリスクがあります。

  1. 中途解約による元本割れ
  2. 金利上昇メリットの放棄
  3. 相続等により満期前に解約された場合

中途解約による元本割れ

商品のメリットでは「元本保証」をうたっていましたが、中途解約すると元本割れします。

当初は1年間だけ預ける予定が、いつの間にか10年引き出せず、その間に中途解約しようとすると元本割れを起こしてしまいます。

そのため、安易に預けられません。

金利上昇メリットの放棄

市場金利が仕組預金に設定された金利より高い場合、預入期間が伸長される可能性が高くなります。

つまり、仕組預金に預けたあと、普通預金や定期預金の金利が年5%などになったとしても、仕組預金の金利(0.16%など)で固定されてしまいます(要するに、5%と0.16%の差分4.84%の金利を得る機会を失います)。

定期預金に組み替えたかったとしても、組み替えるためには仕組預金を中途解約し、元本割れさせるしかありません。

相続等により満期前に解約された場合

相続などによって、仕方なく中途解約する場合であっても調整金を支払わなければなりません。

「預金」だから大丈夫と思っていても、仕方なく解約せざるを得ない場合もあります。

相続など、仕方なく解約する場合であっても元本割れを起こしてしまいます。

上記は一例ですが、証券会社にすすめられた投資信託を購入し、投資額の半分以上を失っている方もよく見受けられます。

このように、銀行やFPはひどい投資商品を平気ですすめてきます。気を付けてください。  

大きなお金が入ってきたら?

退職金で大きなお金が入ってきた、多額の財産を相続した。

そのお金、これからどうしていきますか?

預金で寝かせておくのはもったいないし、銀行にも相談できない。

では、第三者として税理士に相談してみるのはいかがでしょうか。

誰が相談にのってくれますか?

①税理士の坂根

原則として税理士の坂根が相談対応いたします。

【肩書】
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士 (東京税理士会 神田支部133046号)
一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事
その他、株式会社 代表取締役

【著書】
相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本(出版社:秀和システム)

【メディア実績等】
Yahoo!ニュース、livedoorニュース、幻冬舎GOLD ONLINEなど

その他、自社メディアにて資産運用に関する数多くの記事を執筆し、月間10万人の方に閲覧いただいています。

【経歴等】
業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人の出身であり、売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験も多数あり、創業から上場まで対応が可能。

また、士業など専門家1,500人以上の団体の理事に就任しており、後継者不在の会社の相続対策・支援などを行っている。

②プライベートバンカー

普段、資産額2億円以上の方のみを担当しているプライベートバンカーもご希望により同席します。

ただ、都合により参加できない場合もありますので、その点はご了承ください。

だれが相談に乗ってくれるかが大事ですが、いつも本音で語ってくれる人なので、坂根も相談しています。

資産額が大きければ大きい程、ご相談いただくメリットは大きくなります。  

ご相談は全国対応可能です

ブラッシュメーカー会計事務所は東京の神田にあります。

原則として1都3県の方をメインに対応しておりますが、47都道府県、全国どこからでもご相談可能です。

九州にお住まいの方や、海外にお住まいの方からご相談いただくこともありますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

資産運用相談Q&A

銀行や証券会社、FPに資産運用相談するのってよくないの?

銀行や証券会社、FPは、手数料が高い投資信託などを販売することで利益を獲得しています。 そのため、相談先としてはおすすめできません。  

他の税理士に資産運用相談はできないの?

税理士は「税」の専門家であって資産運用相談のプロではありません。

そのため、他の税理士事務所では資産運用相談は通常受け付けていません。

ただし、弊社では、数多くの相続税の申告や資産額100億円を超える方の税務相談経験、プライベートバンクとの付き合いなどがあるため、他の税理士事務所ではできない独自の取り組みとして資産運用相談にのっております。

「資産運用相談のみ」でのご相談では、資産額1億円規模の方や、4億円規模の方の相談対応経験があります。  

なぜ資産運用相談にのっているの?

資産運用で損する方を減らしたいという思いが、まず第一にあります。

世の中には、保険を売る人、投資信託を売る人、投資用不動産を売る人など、多くの方が自社商品を販売することを目的とした悪い人が多くいます。

<悪い人の例>
  • 手数料が高い投資信託や仕組債を売りたい証券マン
  • 銀行が絶対に儲かる仕組預金などを推奨する銀行マン
  • 保険を売りたいFP(ファイナンシャルプランナー)
  • 無料セミナーを開催し、手数料の高い投資商品や詐欺商材を売る人
  • 月利10%の怪しい投資をすすめるコンサルタント

上記のように、相談先を間違えると今ある資産や老後の生活資金が無くなってしまうこともあります。

このような方が増えないよう、資産1億円超えの多くの方や100億円超えの方とお話ししてきた私の税理士としての経験と、私の実際の投資経験(株、社債、太陽光発電など)から、安全に運用したい方、失敗したくない方のための相談先になりたいと考え、相談サービスを行っています。

我々は税理士としての立場から、客観的なアドバイスを行うことができます。  

資産運用予定額が少ないけど相談にのってもらえますか?

はい。資産運用額が少ない方であっても、ご相談ください。

ご相談される方は資産規模1億円ぐらいの方が多いですが、数万円、数十万円程度の運用予定であってもご相談にのることは可能です。  

資産運用について知識ゼロですが相談にのってもらえますか?

はい。むしろ知識ゼロの方こそ危ないため、不安な方はご相談ください。  

不動産や保険の相談にのってもらえますか?

はい、可能です。 なお、ご希望であれば、信頼できる不動産屋や保険会社の方をご紹介いたします(全国対応可能です)。  

相談場所はどちらですか?

ご相談は次のどちらかで承ります。

  1. 対面相談:東京 神田駅から徒歩2分のブラッシュメーカー会計事務所
  2. オンラインミーティング(Zoom等。設定方法等はご案内いたします)

弊社には九州のお客様や海外在住の方からのご相談を受けておりますので、全国どこからでもご相談いただけます。  

【ブラッシュメーカー会計事務所】

〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町28番地 紺屋ビル302

電車でお越しの場合 :JR神田駅から徒歩2分

 

自宅まで来ていただいてご相談にのっていただくことは可能ですか?

はい、日当をいただければ可能です。

原則として日当3万円(場所によっては5万円)+交通費実費をいただければ、県外出張でご相談対応いたします。  

相談料はいくらですか?

初回5,000円、1時間程度を目安としております(2回目以降15,000円)。

通常の税務相談であれば原則として2万円(ご成約いただいた場合は報酬から差し引きのため実質無料)をちょうだいしております。

ただし、資産運用のご相談に限っては、だまされる方を減らしたいという気持ちからスタートしておりますので、お気持ち程度として5,000円だけちょうだいしております。 正直に申し上げますと、人件費がかかりますので原価割れです。

そのため、1日2人までの限定サービスとさせていただきます。

対応しきれなくなるほどご相談が増えた場合には、最低でも1万円は値上げしないといけませんので、少しでも不安や相談したいことがあれば、今すぐご相談いただくことをおすすめします。

 

お客様の声の一例

「税理士」と聞くと、相談しにくい、何となく怖そう。
そんなイメージはありませんか?
ご安心ください!
以下のように、多くの感謝の声をいただいておりますので安心してご相談いただくことができます。

ご相談の流れ

  1. 以下の問い合わせフォームに、相談希望日時などをご連絡ください
  2. 弊社から、対応可能日時のご連絡と請求書を発行いたします
  3. 日時など問題なければ、ご相談当日までに請求書に従い料金をお振込みください ※対面のご相談の場合は当日現金払い可
  4. 相談当日に必要な書類や地図情報などの情報をご連絡いたします。また、オンラインミーティングの場合、弊社からオンラインミーティング用のURLを送信いたします
  5. ご相談の当日、神田事務所もしくはオンラインミーティングでご相談にのります
  6. ご相談終了(追加請求なし) ※申告書作成などを依頼いただいた場合には、別途次回以降のスケジュール調整など行います

 

税理士がやさしく資産運用のご相談にのります

どのように資産運用を始めれば良いかわからない方、資産運用をしているけどどうしたら良いのか、これに答えはありません。

ただ、相談することで、大きな失敗を回避できたり、安全に運用できる確率が大きく上がります。

通常の税務のみの相談であれば1時間2万円(成約した場合は報酬から差引、時期によって変動)で対応しておりますが、資産運用に限って初回相談1回5,000円(税込。目安は1時間程度)で坂根税理士が相談対応いたします。

お悩みの方は以下のお問合せフォームに、次の内容をご記入ください。

①指名:坂根 税理士

②相談内容:資産運用の相談(具体的でも抽象的でもOK)

お問い合わせの例:
  • 退職金が〇万円入ってきましたが、なにで運用したら良いでしょうか。
  • 父から遺産として現金〇万円、使っていない土地を相続しました。どうしたら良いでしょうか。
  • 賃貸用マンションがありますが、物件も古くなってきたので売却を検討しています。毎年の利益が〇万円出ていますがいかがでしょうか。
  • 現金が〇万円あり、利回り3%を目標としています。なにで運用したら良いでしょうか。
  • 親から相続した不動産の売却を考えていますが、所得税などもかかると聞いているので、まず税理士の方に相談したいです。

③資産額:約〇円(知られたくない場合は書かなくても構いませんし、資産額が多額でなくても構いません。)

④希望日時:

第一希望 〇月✕日 〇時
第二希望 〇月✕日 〇時
第三希望 〇月✕日 〇時
※夜遅くや、土日対応可能
※2 資産運用相談は1日2人までの限定サービスとしておりますので、もしご希望の日時に添えない場合には別の日時をご提示いたします。

⑤ご希望の相談方法 東京の神田(事務所) か Zoomなどオンラインミーティング

※写真:ブラッシュメーカー会計事務所(東京 神田)

税理士には守秘義務があるため、ご相談いただいた内容は一切外部には漏らしませんのでご安心ください。

お悩みの方は以下のお問い合わせフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お名前(必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス(必須)

御社名(任意)

電話番号(必須)

お問い合わせ内容(必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
はい